伝説のぼたもちを求めて「幾世屋」さんへ行ってきた

カテゴリ

ぼたもち

こんにちは、あずくんです。

今日はこどもの日。こどもの日と言えば、、そう 柏餅!

美味しい柏餅を求めて生駒の和菓子屋さんをチェックしていたら、そうだ、あのぼたもちが食べたい! (ついでに柏餅も!) ということで、生駒駅から宝山寺方面に向かってすぐの和菓子屋「幾世屋」さんへ行ってきました!
このお店、TVで紹介されたこともありますので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

お店

お店は生駒駅の南側、宝山寺へ向かう参道を入ってすぐのところ。手前にある郵便ポストが目印です。店頭には「宝”多餅(ぼたもち)」の看板がっ! 「宝山寺」の麓で「宝”多餅」、なんと縁起の良いこと!

 

お店の前

モダンな佇まいの中にも、歴史の重みを感じさせる佇まい。早速、中におじゃまします!

 

お店の中ほんわか香る気持ちの良い木の匂いの中に、和菓子さん達が勢揃いです!

どーんと奥に控える「宝”多餅」の力強いこと! 割りばしと比較してみて下さい。普通のおはぎの倍はあろうかという、堂々たる体格。
背景に控える重厚な名札と相まって、只者ではない風格を感じさせます。 今日の主役はちまきや柏餅に譲ってますが、 それらが霞んで見えちゃいます。

この「宝”多餅」、こしあん・つぶあんの2つがひとつの箱に入って売られています。今日は、こどもの日☆スペシャルという事で、「宝”多餅」1箱と柏餅3つをお願いしました。 あぁ、早く食べたい。。
そうそう、家まで我慢出来ないあなたに朗報です。お店の奥には、いわゆるイートイン的な空間もあり、中で和菓子を頂くこともできるそうですよ。

包装を待っている間に、お店の方に「写真を取らせて頂いて良いですか?」と伺うと、「どうぞ どうぞ!」と言って、わざわざちまきを近くに寄せてくれました!

 

かったどー

買ったどー!ということで、意気揚々と自宅へ。

 

包装帰ってすぐに開封の儀(笑)。さきほども登場した割りばしが、嬉しいですね〜

 

開封

なに、、この大きさで2個入りだと!?

 

中身

どどーん! ふたを開けると、そこにはぽってりとしたぼたもち いや「宝”多餅」さんが2つ。

そう言えば、「おはぎ」と「ぼたもち」の違いはどこにあるのだろう  などと思いながら、期待感に胸は膨らむ一方です。(由来は諸説あるようですが、モノとしては同じらしいですね)

いつもは、つぶあん派 と こしあん派 に別れて、それぞれ己の正当性を主張するばかりのうちの家族でしたが、この御体を前にした途端、そんな小さなことは吹っ飛んでしまいました(笑)。どちらかではなく、両方食べたい!いや、食べさせていただきたい!!

 

両方

失礼して、家族3人で1/3ずつ分けました。包装内に抹茶の小袋が入っていて、上にふりかけてから頂きます。

第一感は「甘くない!」。抹茶苦みをアクセントにした、やんわりとした優しい甘みだけが口の中に拡がります。これは心地よい! きつい感じの甘みは全く無く、豆の味がダイレクトに伝わってきます。美味しい!何個でもいけちゃいそうです。

少しだけ贅沢な大人向けのお茶うけとして、お出かけの際の生駒土産として、間違いなくオススメの逸品でございます。
 

※ 主役のはずの柏餅は、次の日においしく頂きました(笑)

柏餅

 

住所 奈良県生駒市元町1丁目10−9
TEL

0743-73-2249